<私たちのお蔵>

私たちの扱うすべての商品を保管してある場所、それはお蔵です。戦前に蚕蔵として建てられ、窓が一つもなく、温度と湿度も一定に保てるため、食品の保管には最高の場所です。



弊社では、現地の味をそのままご家庭でお客様に味わって頂くため、ヨーロッパからの輸送も全て冷蔵で行うなど、当然のことではありますが、私たちも最大限気を配り扱っております。

私たちは本当に美味しいものを皆に供給して行くことを義務だと思い全力を尽くしています。



 1周年(2017年5月13日)にはスローライフを提供するイベントとして、ポルトガルで活躍する音楽家の方たちをお招きし、初のお蔵コンサートを開きました。





代々大切に守られてきたお蔵は、これからもイベントなどの機会を作り皆さんに解放していく予定です。
 
 
<ちょっと気になるオリーブオイルの保管方法>

全商品をお蔵で管理している私たちの商品ですが、
保存方法に関して一番質問が多いのがオリーブオイルについて。

ということで少しオリーブオイルのことを説明したいと思います。

お蔵の中で保管されいるということは自宅でもかなり気をつけないといけないの?
という質問が多くありますが、以下を守っていただければ問題ありません。

・直射日光を避ける
・高温になる場所を避ける(コンロの近くは厳禁)
・10℃以下になる場所を避ける(冷蔵庫での保管はお勧めしていない)

オリーブオイルの保管方法について、それほど神経質に考えてる必要はありません。直射日光とコンロのそば(高温)を避けて頂き、暗所で保管して頂ければ常温の保管で全く問題ございません。
1点、冬場の保管に際して、温度が低い時期(10℃以下が目安)になるとオリーブの実成分が白く濁った状態になってしまう場合があります。温度が上がればまた元の状態に戻りますし、品質に問題があるというわけではありませんが、冷蔵庫に保管して10℃以下と常温の状態を繰り返すと香りが飛んでしまう原因にもなりかねないので、そういった意味で冷蔵庫での保管をお勧めしておりません。



 <オリーブオイルの賞味期限について>

・開封後なるべる3ヶ月以内でお使い頂くのがベスト
・使用後都度注ぎ口をキッチンペーパー等で拭いて頂くとより酸化予防になります

開封後なるべる3ヶ月以内でお使い頂くのがベストです。またオイルの酸化をよりなくすため、使用後都度注ぎ口をキッチンペーパー等で拭いて頂くとより酸化予防になります。但し、3ヶ月経過してしまったとしても食べて頂けないということではございませんので、加熱用としてお使い頂ければと思います。開封後かなりの時間(保管の状態で具体的には申し上げれませんが、1年といったような長期間)が経過し、匂いや味があまりにもおかしいと感じられる場合は酸化がかなり進んでいることが考えられますので、本来は食して頂かないのがベストです。